おもちゃ図書館

おもちゃ図書館は「障害のある子どもたちにおもちゃの素晴らしさと遊びの楽しさを」との願いから始まったボランティア活動です。
おもちゃ図書館がスタートした当時は、障害のある子どもとその兄弟のための活動でしたが、現在はだれもがともに遊び、交流し、育ち合う場となっています。
おもちゃ図書館は、おもちゃを通して 子どもたちに豊かな遊びの機会と友達作りの場所を提供します。また、保護者同士が子育ての情報を交換したり、交流を深めることもできます。
一宮市内には「おもちゃの城」と「なかよし」の2館があり、たくさんのおもちゃ(木でできたものや布でできた手づくりのもの、外国製のものなど)の中から気に入ったものを選んで自由に楽しく遊ぶことができます。館内はボランティアの皆さんの協力によって運営されており、温かく迎えていただけますので、親子で遊びに来てくださいね。

「おもちゃの城」
開館日時:毎週火・水・金曜日/毎月第2・第4土曜日(障害児のみ対象)
       午前10時~午後2時(但し、祝祭日、年末年始、警報発令時は休館)
場所:一宮市浅井町前野字西藪34(ふれあいセンターめぐみ内)
連絡先:(0586)52-0801
利用できる方:小学校入学前の全ての子ども(保護者同伴)
利用料:無料
貸出:1回に1人1点、2週間まで可

「なかよし」
開館日時:毎週月・木・金曜日/毎月第1・第3土曜日(障害児のみ対象)
       午前10時~午後2時(但し、祝祭日、年末年始、警報発令時は休館)
場所:一宮市丹陽町重吉字北屋敷380(ふれあいセンターなごみ内)
連絡先:(0586)76-1260
利用できる方:小学校入学前の全ての子ども(保護者同伴)
利用料:無料
貸出:貸出しはしていません


Responsive Free Joomla template by L.THEME