一般事業主行動計画

社会福祉法人一宮市社会福祉協議会は、次世代育成支援対策推進法
第12条第1項に基づき、一般事業主行動計画の公表をします。
計画期間  平成25年 8月 1日~平成28年 3月31日

【内容】

目標1
育児や介護を行う職員が職場と家庭生活を両立できるよう、事業主として支援するための雇用環境を整備する。
<対策>
 育児・介護休業等に関する規程を職員に周知し、育児、介護に関わる制度の情報を提供する。
 育児休業等の取得対象職員に対し、担当職員が関係する休暇、制度等を個別に説明し、利用の促進を図る。

目標2
時間外勤務を削減するため、毎週水曜日をノー残業デイとして実施する。
<対策>
 職場にノー残業デイ(毎週水曜日)のチラシを掲示し、周知徹底を図る。
  事務の簡素化、効率化を進めることにより、残業時間を減らし定時帰宅を促進する。

目標3
有給休暇の促進として、7月1日から9月30日の期間において、 夏季休暇と併せて年次有給休暇の連続取得を推奨し、連続休暇及び年次有給休暇の消化を促進する。
<対策>
 6月~    夏季休暇及び年次有給休暇取得に関するチラシを作成し、職員に周知を図る。
 7月~9月 3カ月間の休暇スケジュール表を作成し、休暇取得の促進及び管理を行う。

両立支援の取組
○法を上回る育児を支援する制度の実施
・3歳に満たない子を養育する場合、申し出により育児休業することができる。


Responsive Free Joomla template by L.THEME